1日に数万円稼げる広告に惹かれFXを始めて気が付いたこと

FXを始める前、株をやっていた時期がありました。バイトで稼いだ30万円の資金で始めましたが、FXのようにレバレッジがかけられないため、効率よくお金を稼ぐには1日に何回も売買するしかありません。

少し値上がりすれば売却していこうと思って銘柄を買ったら、初日から運が悪く損切りです。諦めて次の銘柄を買うも同じことで、1日にして3000円程の損をしました。

効率が悪いのはもちろん、銘柄が多すぎて選ぶのに疲れると感じたので止めてFXを始めました。

まず言っておきたいのは、安易な気持ちでFXをやっても勝つことはできません。しっかりと勉強しないと遊び感覚では難しいです。

さて、少ない資金で1日に1万円とか2万円が稼げる広告を見たのがきっかけですが、実際やってみるとあることに気が付きます。

私は最初から大きなリスクを取ることが嫌だったので、まずは1000通貨でコツコツ増やし、5000円ぐらいまで行ったところで、ロットを少しずつ上げて行こう。このように考えて、レンジ相場での逆張りをやりました。

どうしてレンジ相場なのか?相場の大半はレンジで、トレンドはほとんどでないことを事前にした勉強で知ったからです。チャートを開いて上下でピタリと止まっているレンジの上では、抜けないことを期待して売りを仕掛け、下の場合も同じことを期待して買いを仕掛けます。

何度も利益が乗りましたが、残念なことに2PIPSぐらいで利益確定させてしまうのです。資金を失う怖さがチキン利食いを誘発させてしまっていました。私がポジションを解消した後は、10PIPS伸びることが多くあり、その度悔しい気持ちを味わいました。

数回のエントリーによって次こそ頑張ろうと思っても薄利決済をしてしまう自分がいることに気付きました。

FXで稼ぐには利益を大きく取る勇気が必要なんだ。それをできなければ、1回の損切りで利益をすべて吐き出すことになり、資金は全く増えて行きません。何度も続けていると、ついにブレイクして10PIPSの損切りです。ブレイクするまでに得た利益が8PIPSですから、2PIPSのマイナスです。

1000通貨なので20円なのですが、毎回同じことをやっていると少しずつ損が増えていくでしょう。

負けたくない気持ちでやるチキン利食いがFXで稼ぐことを難しくさせていると感じました。